災害時の連絡方法の確認を



普段はあまり確認しあっていないと思いますが、
地震等で家族、友人と連絡を取りたい時の方法を
確認、整理しておきたいと思います。

家族の場合、地域ごとで避難場所が決められているので
最悪、連絡が取れない時を想定して、避難所を集合場所
して置くのも一つの方法です。

災害が起こった時、大量の電話が殺到すると電話が繋がりにくくなります。
スマホや携帯電話もしかりです。
このため、消防、警察への連絡に支障がきたします。

ではどのような連絡、確認をする手段があるのでしょうか?
通常、よく聞くのは
・災害用伝言ダイヤル(171)
・ケータイ「防災用伝言板」ですね。

災害用伝言ダイヤル(171)の利用方法は

を参照して下さい。

「災害用伝言ダイヤル(171)」への伝言の登録・確認方法は
NTT東日本は、こちらから
NTT西日本は、こちらから 確認して下さい。
「災害用伝言ダイヤル(171)」は、被災地域の固定電話からのご利用が優先されます。
被災地外から及び携帯電話からのご利用は、段階的に可能となります。

「災害用伝言板(web171)」の利用方法は、
NTT東日本はこちらから
NTT西日本はこちらから確認して下さい。

動画での説明もあり(NTT東日本)
災害用伝言ダイヤル(171)伝言の録音
災害用伝言ダイヤル(171)伝言の再生
こちらも参考に見てみて下さい。

ケータイ用の「災害用伝言板」の利用方法は、それそれ
ドコモは     こちら
auは      こちら
ソフトバンク   こちら
ワイモバイル   こちら
を参考にし下さい。

メッセージ確認用URLは、
ドコモの携帯電話利用者の登録情報を確認する場合
http://dengon.docomo.ne.jp/top.cgi
auの携帯電話利用者の登録情報を確認する場合
http://dengon.ezweb.ne.jp/
ソフトバンクの携帯電話利用者の登録情報を確認する場合
http://dengon.softbank.ne.jp/
ワイモバイルの携帯電話・PHS利用者の登録情報を確認する場合
http://dengon.softbank.ne.jp/
で確認できます。

災害時でも公衆電話は比較的繋がりやすい様です。

災害時の公衆電話の利用については、
NTT東日本はこちらから
NTT西日本はこちらから

災害時の避難所等における特設公衆電話の利用については、
NTT東日本はこちらから
NTT西日本はこちらから
を参考に確認して下さい。

固定電話、携帯・スマホ、公衆電話等々、今までの経験を生かして
各電話関係会社が努力して何らかの方法で連絡が取れる手段を
開発してきてくれています。
今までに比べると連絡が取りやすくなり、
少しは不安も解消出来ると思います。
しかし、最初の方に書きましたが、家族でもしもの時を想定して
災害時の待ち合わせ場所等、決めておくと、いざというときに
役に立つと思います。

地震をはじめ、災害は起こらないことに越したことはないですが
日本は悲しいかな何時、災害に見舞われても不思議ではありません。

災害は来ると言う認識で対応策を考えておきましょう。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)