会社とのトラブル②



前回からかなり日数が経過してしまいましたm(__)m
会社とのトラブルについては、この回をもって終了にします。
って、たった2回で終了します。
このことについては書きたくなくなりました。

最後にその後の動きの概要を書かせて頂きます。

みんなで動こうとしましたが、まとまりが悪く
結局バラバラで動くことになりました。

労働基準局の労働監察官に説明してもなんか親身になって
受け答えはしてくれず、いい加減な対応に辟易しました。
場所によって違うのかもしれませんが、
労働基準監督署は積極的には動いてくれません。
話をした感じでは無くてもよい役所ではとも思いました。

そんな感じでしたので、弁護士を雇って行動を起こすことにしました。
弁護士から請求書を送ってもらった結果、
会社からは退職勧告を受け、弁護士と相談して回答すると答えると
自分が使っていたパソコンをパスワードを無理やり破り
色々調べられました。

個人的なことも会社のパソコンでしていたことから
それを不正行為、本当に就業していたかとの事から
懲戒解雇処分を受けました。

給与の未払いを弁護士を通じて請求したら
個人的なことを色々調べられ、挙句の果てには懲戒解雇です。

ですので未払い等で何らか会社とトラブルになっている
トラブルになる可能性がある時は、会社のパソコン関係に
証拠を残しては絶対にダメです。

そんなこんなで会社を退職し、今は弁護士に全てを任せて
支払われていない給与の回収に努めてもらい、
僕は今後のために自営で生活が成り立つよう
努めたいと考えています。

過去のことをグズグズ考えて落ち込んで下向きになるより
これからのことを考えて、自分自身が積極的に動き
生活が成り立つよう稼ぎたいと思っています。

今回は今後の事の決意を込めて書かせて頂きました。

最後に給与未払いで困っている方へ
1.絶対に認めてはいけません
   認めなければならないときは、先に弁護士
   労働組合(外部も含め)、労基等に必ず相談後にしてください。
2.認めてしまった後ですが。
   被害が少ない(機関が短い、金額が少ない)うちに
   何らかの行動を起こしたください。
   でないとズルズル開会社のペースになり被害が増えます。
総計、鉄は熱いうちに打て、じゃないですが
   早い決断、行動が絶対に必要です。

見ていただきありがとうございました(@^^)/~~~

 
 
 


 
 



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)