Windows 10 32bitから64bitへアップグレード



Windows 10 32bitから64bitへアップグレード
の手順、方法を書きます。

DELL Vostro230 もう結構古いパソコンです。
ネットとかで使う分にはまだまだ行けると思い使っているのですが
なんか最近もっさりしてきたのでメモリを増やしたいと思ったのですが
Windoes10のしたとき、32bitでセットアップしたため
4GBまでしか増やせません。
ハード的には64bitにすると8GBまで大丈夫なので
今回グレードアップをすることにしますした。

アップグレード作業の前に、念の為バックアップはしておいて下さい。

では処理の開始です。

それとディスプレイを写真で撮影した画像を使っていますので
このままでは見にくいと思います。
アップ出来るようにしていますので大きくして確認して下さい。


まずはソフトのダウンロードです。
ダウンロードはMicrosoft公式サイト Windows 10 のダウンロードページ
ページからダウンロード出来ます。

ダウンロードが出来たら実行していきます。

同意して次に行き、別のPCのインストールメディアを作成するにチェックを入れます。
ちなみにアップグレードを選ぶと、そのままで処理されるので
32bitもままで作業は完了します。

このPCにおすすめのオプションを使うのチェックを外します。
チェックがるとアーキテクチャを64bitに変更出来ません。

アーキテクチャを64bitに変更します。

僕はUSBフラッシュドライブにチェック入れました。
DVDを作る方はISOファイルをえらんで下さい。

セットしているUSBフラッシュドライブを選び次に行きます。

Windows10のメディアを作成していますになるので終了まで待ちます。

USBフラッシュドライブの準備が出来ましたと表示されたら終わりです。

セットアップの開始です。
これからがセットアップですが、一旦シャットダウンさせ立ち上げます。
この時、作成したUSBからBootするようにします。
USBから立ち上がらなければ、Biosで変更して下さい。
DELLはF12で立ち上げの選択になりました。

Windowsのライセンス認証では、プロダクトキーがありませんを選びます。

インストールするオペレーティングシステムを選んでくださいでは
用途にあったOSを選択して下さい。
僕はPROで行いました。

アップグレードの種類を選んで下さいではカスタマイズを選びます。
ちなみにアップグレードを選ぶと次の写真のようなメッセージが表示されます


インストールをする場所を選んで下さいでは、自分の環境にあったところを選びます。
僕の場合は一番容量のある場所にしました。

OKを押すと、インストールが開始されます。

インストールは同じ感じですね。
終わるまであとは待つだけです。

処理の最後の方で、マイクロソフトからと思われる質問等があります。
なんかアカウントを作るとか、なんとか・・・?
説明文を読んで各人判断して下さい。
僕はオフラインを選んで、僕は適当に答えました。

処理が完了したら64bitになっているか確認して下さい。
なっていたらOK、終了ですね(^o^)

お疲れ様でしたm(_ _)m

僕はこのあと、メモリを8GBにしてSSDにディスクを変更したいと
思っています。
完了したらまだまだ使えると思うので。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)